#095 2018/4/19 Thu さぁ、ハナウマ湾へ

妻は短大の卒業旅行で来たのが初ハワイ。約30年前。

その時の思い出を毎回のように話してくれます。

その中の一つが友人たちとツアーで行ったらしい「ハナウマ湾」

とてもきれいだったらしく、その後のハワイ旅行では何度か「ハナウマ湾」に行きたい、と言われます。

オアフ島でレンタカーを借りることはそれほど多くないし、オアフ島以外で海には行くので、あえて混むらしい、そして入場料の取られるハナウマ湾に行く必要はない、と思っていました。(The Busに乗って海に行くほど、海で楽しむことに慣れていない。。)

今回はクルマがあるのと、ワイキキで長期間滞在するのと、海に行く機会がないのとで、30年ぶりのハナウマ湾に行くことにしました。

ネットで調べると、700-730amには駐車場が満杯になるとのこと。満杯になると、そこで空くのを待つことができずに、諦めなければいけない。それを妻に伝えると、6amに宿を出て630am到着を目指す!という気合の入った宣言。海でのイベントについては僕はすべて妻の言うことを聞きます。

6am前真っ暗なうちに宿を出発し、予定通り6:30amにハナウマ湾に到着。

パーキングも結構空いています。でも、もう30-40台ほどのクルマは泊まっています。本来必要な駐車料金も係の人がいないので取られません。

現地は曇り。太陽がどこかもわかりません。

とりあえずビーチまで下りていくことに。入口付近でボランティアのおじさんが注意書きを見るように、と言いますので、ここでやってはいけないことを箇条書きにした看板を確認します。その後、進んでいいらしい。あれ?入場料7.5ドル/人を払わなくてよいの??

高台から見えるハナウマ湾(実は僕は初めて見ます)は想像していたよりも随分と広い。そして想像通りにきれいです。

これはお金を出してでも来る価値がありますね。

坂道を5分ほど下ってビーチへ。寒いなぁ。

まだまだビーチにも、そしてもちろん海の中に入っている人も、まばら。

寒いのでビーチで座って太陽が出るのを待つことに。

出てこない。。。。ビーチで横になります。。。風が出てきて寒い。。。ビーチタオルをカラダにかけます。。。。暖かくならない。。。ますますカラダが冷える。。。1時間半ほどビーチで横になった結果、いったんクルマに戻って温まろう、ということになりました。

クルマに戻る僕らを、後ろに座っていたアメリカ人カップルが「Beautiful Dayだね」とJokeを言います。彼らもその後どうしたのかな。

9:30am。駐車場までの道、まだまだやってくる人たちがいます。ビーチで待ってると寒くなるので早く海に入った方がいいよ。

帰る時には入場料を支払う受付が空いていて、そしてパーキングの受付も空いていました。

早朝はどちらもタダだったのですね。そういういい意味でユルイことろが好き。

そんなこんなで、妻の勇気ある決断で今日は諦めることに。

ネットの情報では、二日後の午前中は太陽が出るらしいので、そこで再挑戦しましょう。

 

せっかくハナウマ湾まで来たので、カイルアへ行こう!ということになり、冷えた体を温めるためのコーヒーをいただきにカイルアへ。クルマで30分。

途中の景色は海岸線できれいです。Scenic Pointでは多くのクルマが停まっています。

モーニング ブリュー コーヒーでLarge Hot Latteをいただき、その後隣接するお店を見て、カイルアの定番ホールフーズへ。

ここのホールフーズが一番ものがそろっている感じ。

ここでお土産類を購入し、テークアウトのスープで少し早いランチにすることに。

 

その後、ワード地区のパタゴニアRoss DressPro Am Golf Shopと転々とし、結局何も買わず、2:30pm宿に戻りました。

 

宿に着くとDさんからの置手紙が。

現地時間は木曜日ですが、ワンちゃんたちを連れてDさんは自分の家に週末戻るとのこと。

あれ?最後に「さようなら、ありがとう」を言わずにお別れすることに。

最初は少し残念だった共同生活もワンちゃんも急にいなくなって寂しいぞ。

そんな虚脱感の中、部屋でまったりとお昼寝。。。。

 

5:30pm。今日は同じタイミングでハワイに来ている友人夫妻と一緒に夕飯を食べることにしています。

615pm。フラグリルで待ち合せ。僕がはりきって予約したフラグリルですが、実は僕が行きたかったのは、その下の階にあるDuke’s Restaurantの方でした。実際の場所に行って気づくという失態。でもネットでの評判を見るとどちらも同じくらいなので今回は予約済みのフラグリルに行くことに。

入り口前で初めてHさんの奥様に会いました。こういう機会がなければ会うこともなかなかない。

Hさん夫妻はオアフの前にハワイ島に行っていて、本日オアフ島入り。ハワイ旅行の話を中心にあっという間に2時間ほど経過しました。

その後はハワイの夜のビーチを楽しむためにマイタイバーへ。

夜のマイタイバーの雰囲気は好きですが、このような機会がなければなかなか行きません。

夜のワイキキビーチサイドで、ライブ演奏を聴きながらのカクテルは最高の時間です。

#094 2018/4/18 Wed Royal Kunia Country Club

真っ暗だと思っていた外が鮮やかなピンク色になっているのに気づき6amに目が覚めました。

ハワイに来て1週間近くが過ぎ、ワイキキの宿に映ってからも3日目になるので、生活のペースが落ち付きました。

 

7am。朝食はラナイで前日ハイアットのファーマーズ マーケットで買ったパンとマラサダ、それにパパイヤ、ホウレンソウ、チーズ、ハムと言ったメニューでした。

外での食事は美味しい。

 

8:30am。朝食後ワイキキビーチを散歩に。

宿からワイキキビーチはDoor To Beachで5分ほど。本当に近いです。ビーチをデュークカハナモク像付近からシェラトンまでゆっくり散歩します。ビーチ沿いは大きなホテルがサービスしてくれるビーチパラソルとデッキチェアの間に一般の観光客と地元のサーファーのような人たちがそれぞれ思い思いにくつろいでいます。

僕らのようにのんびり散歩している人も多い。

散歩中、アメリカ人と思われる老夫婦とすれ違いました。前を歩いていたご主人とすれ違う時道を譲りあう感じになりました。

その時にその男性が「Shall We Dance?」と言ったのにはさすがに笑ってしまいました。さすがアメリカ人。このユーモアが大好きです。

 

ワイキキビーチの西側はヒルトンまで行けるのですが、今回はシェラトンの辺りで工事していたため、海岸線の散歩はそこまで。シェラトンから大通商店街側に入りました。

10:00amシェラトン ワイキキ内のお店を見て、その後ロイヤルハワイアンショッピングセンター内のお店を見ながらのんびり宿まで重ります。

途中妻に買い物のスイッチが入ったらしく。今回の旅で初めて買い物。レスポの小さめのバッグ。ハワイに来ると結構な頻度で買いますね。笑

その後、たまたま同じタイミングでハワイに来ている友人夫婦と一緒に夕飯を食べることにしたため、レストランの予約をJCBプラザへ。今回初のJCBプラザですが、ここに来るとウェットティッシュやクーポンブックがもらえるので、旅の最初に来るべきですね。

 

11:00am。その後いったん宿に戻り、休憩後12:00pmにゴルフへ出発。

今日のコースはRoyal Kunia Country Club。宿からは渋滞しなければ30分強。

この予約もGolfNowで行い、1プレイ65ドルほどでした。ので、妻もラウンドすることに。

1:20pmのティータイムでしたが1時間近く早く着き、妻にほぼ1年ぶりにクラブを振るので、事前に練習が必要ということで、レンジで小さなカゴ1つをはじきました。

やはり、さすがにレッスンを止めて7-8年。ゴルフも年一ではほとんど当たらないですね。今日のラウンドは心配。

スタートは空いていたこともあり、1pm10Hからティーオフ。妻のティーショットは予想を覆しナイスショット。

結果的に妻のドライバーは過去にないくらいにナイスショット連発で、(ティーは違うのですが)何球かは僕と同じくらいの飛距離が出ていた。その一方で、これまでは上手かったショートゲームがダメでしたね。

いずれにしろ、一生懸命ゴルフをしている人たちに申し訳ないくらいに、うちの奥さんのゴルフは練習も努力もなしで、そこそこできてしまいます。ノープレッシャーで適当なのが良いのだと思います。

妻のスコアはなんちゃって99100を切ります。

「なんちゃって」というのは、バンカーに入れば横のラフに出させます。ライが悪いところでは良いライにボールを置きます。

グリーン上も後ろが来ていなければ2回打たせます。

レジャーゴルフはそれでいいと思っています。

 

初めてのRoyal Kunia CCの印象は、とにかく景色がいい。パールハーバーから、ホノルル市全体、ワイキキ、そしてダイヤモンドヘッドまでが見えるホールが多いです。アップダウンが少なく、打ち下ろしが多い印象。ホールも広め。ラウンドしやすいコースです。グリーンのコンディションは残念でした。

 

5pm。特に後半つまり気味のラウンドで結局4時間以上かかりました。まぁ、しょうがないですね。

ゴルフに出発するとき、レンタカーに「空気圧が低い」というアラートが出ていて、確かに走っていても多少安定感に欠けます。

ということで、レンタカーオフィスに寄ることに。空港近くのオフィスに行って、クルマを交換してもらいました。

新しいクルマは、少し小型になりましたが、同じNISSANで年式も新しく快適です!

 

宿までの途中でドン・キホーテにより今晩のおかずを購入。

 

8pm。宿に到着。ちょうど玄関前でDさんがワンちゃんを散歩に連れ出すところです。「ハーイ!」と声をかけて、クルマを停め、部屋まで。あれ、カギが開かない。。。何度かやってみますが開かない。。。ここのドアは、キーが二つあり、僕らゲストはドアノブの上のキーだけを使います。管理しているDさんとTさんはドアノブのキーも使うみたい。もしかしてそちらのキーをかけてしまったのだろうか。。。

Dさんの犬の散歩は15分程度なので玄関前で待つことに。ゴルフの後の夜なので、早くシャワーを浴びてビールを呑みたいのですが。。。

Dさんが戻ってくると、ドアノブのキーはかけていないよ、もう一度やってみて、というのでやってみると普通にドアが開く。。。。あーあ、僕が間違っていたのね。。。情けない。。。

 

そんなこんなで、夕飯はドン・キホーテで買ったBeefでステーキを焼き、あとは日本から持ってきたそうめん。

ハワイで食べるそうめんは美味い!

#093 2018/4/17 Tue Kuliouou Ridge Trailing

前の晩、夕飯をリビングで食べている時に部屋に帰ってきたのはTさんとは別の人。

あれ?

その方はDさん。

普段はDさんがこの部屋を借りているらしい。TさんはAnrbnbの管理を依頼されているらしい。

Dさんは日中病院で仕事をしていて平日はワイキキのこの部屋を借りている。

Tさんは午後から夜にかけて看護師をしているとのこと。

なんとなく状況がつかめてきました。

Dさんが「ただいま」と帰ってきたときには僕も少しびっくりしたけど、妻はもっと驚いた模様。笑

 

現地に住む外国人と6日間も同じ屋根の下で暮らす、というのはなかなか楽しいことになりそうです。

そういう意味で、いつもの僕らのハワイ旅行とは違う「スパイす」が加わりました!

 

朝起きて、Dさんと「眠れた?」「今日はどこに行くの?」などという会話も楽しいです。

こういう会話は、本当のB&Bに泊ってもホスト家族としますね。それが楽しい。

今日の予定はトレッキング。

Dさんも昨夜の風雨と、今朝のいつでも雨が降りそうな空模様を心配して、ネットで天気予報を確認してから行った方がいいよ、とアドバイスしてくれました。

アメリカに来るとAccuWeatherというサイトがとても便利。1時間ごとの天気予報を、結構細かいエリアに分けて案内してくれる。その上相当正確。

 

今日は妻のお楽しみイベントを実行する日。

妻が選択したKuliouou Ridge Trailに行くことに。

http://www.unrealhawaii.com/2012/08/kuliouou-ridge-trail-oahu/

https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g60982-d4105637-Reviews-Kuliouou_Ridge_Hike-Honolulu_Oahu_Hawaii.html

 

宿からはクルマで20分ほど。

登り2時間、下り1時間、という情報。僕がいるので、3~5割増しで考えた方がいいかな。

 

予定通り9時過ぎに現地に着くと、僕らの前に女性一人が登っていきましたが、あとは人の気配がない。

天気も悪いし、風も強い。心配。

知らない場所のトレッキングで人気がないのはとても心配です。特に海外なら。

妻へのサービスなので、元気を出して歩きだします。

ぬかるんでいます。ドロドロです。滑ります。誰にも出会いません。。。。心配。

15分ほど登ったところで、降りてくる犬を連れた男性とすれ違いました。少しホッとする。

30分過ぎ。まだ天気も良くないし、相当ぬかるんでいます。山が好きな妻もこのまま登るか、諦めるか悩んでいるようです。

今回のコースは、てっぺん付近での景色が良いらしいので、頑張ればそれだけのご褒美もありそう。

ここまで来たら引き返す選択肢は僕にはないので登り続けました。

45分過ぎたころから、後ろから僕らを抜かしていく人が数組出てきました。人気があると少し元気になります。

登りが辛いわけでなく、滑るのが怖い。

iPhoneGPSを見ながらそろそろ中間地点だろうか?でも僕らのスピードでは2時間では到着しないだろう、などと話しながら、歩いていると、1時間半過ぎたころにはてっぺんから折り返してきた人とすれ違いました。「とてもいい景色だよ。がんばれ」と。

その頃からは少しずつ景色が開け始め、海が見えてきました。もう元気。

最後の急な坂も登りきって、なんと2時間で登り切りました。やった!

頂上は相当風が強いです。若い女性が2名いて、そのうちの1名は登り始めの時に見かけた人。

5分ほど頂上にいて、さぁ、帰りましょう。

1時間は無理でも2時間はかからないだろう、とタカをくくりますが、登りはなんとかできた、泥だらけの滑る下り坂は危険極まりありません。

その上、登りでは気づかなかった木の根がとても滑る。その上その根がそうとう細かくあらゆる場所にある。

転ばないまでも何度か滑りながら45分ほど経ちました。

あれ?登りの時とペースが変わらない。

そろそろ集中力が切れ、脚の踏ん張りもできなくなった時に、2回連続ですべり、尻もちをつきました。

あーあ、泥だらけ。なさけない。かっこ悪い。

もう気が抜けました。下りの時間も相当かかっている。1時間経過したところで半分くらいしか来ていない。

そんな中でもう一度尻もち。それまでは、体を大きく打つことはなかったのですが、今回は岩の上だったので結構強く尻を打ちました。痛い。明日大丈夫かな。

。。。。下りの時には登ってくる5-7組ほどとすれ違いましたし、気温も上がって天気も多少良くなっていました。

が、それ以上に滑る泥だけのコンディションに気持ちは限界。

結局下りは2時間10分。相当疲れました。

 

トレッキングの帰り道、途中にRainbow Drive Inがあったので、そこに寄ってチキンカツレツ グレイビーソース添えを購入し、店頭に並んでいたTシャツにくぎ付けになり、2枚でディスカウントだったので、僕と妻で1枚ずつ購入。

 

宿に着くと、シャワーを浴びたあと、ラナイでビール。まだ疲れが取れない。放心状態。

この日はハイアットでファーマーズ マーケットが4pmからやっている日なので、4pmを待ってハイアットへ。

そこで、夜のサラダのための野菜などを購入し、ABC Storeワシントン州の赤ワイン9ドルを購入。

 

夕食は、Rainbow Drive Inで買ったプレートと、ハイアットで買ったサラダ。ビール。

 

本当に疲れた一日でした。

#092 2018/4/16 Mon ワイキキへ

昨晩はそれまでの2晩に比べるとそれほど風雨も強くなく、しっかり睡眠をとることができました。

 

3泊したTurtle Bayを離れてWaikikiに宿を移す日です。

Check Outではカギを管理事務所に戻すのですが、Check Out Time 11amというのが、部屋を開ける時間なのか、事務所にカギを返す時間なのが分かりません。メールで問い合わせたけど、前日が日曜日だったためか返事が来ません。

冷蔵庫で冷やしておきたい食料品が結構あるので、Check Outと次の宿のCheck Inの時間は短くしたいと思っていました。

また、Lock Boxという、カギを返すキーボックスの仕組みがいまいちよく分かっていません。。。これは結局YouTubeで説明を見て理解することができました。

ハワイでは(たぶんアメリカでは)前回のコンドを借りたときにもカギの受け渡しはこのLock Boxを使ってやったので、一般的なものなのだと思います。

 

Check Outのためにパッキングを始めると何やら隣の部屋で工事を始めています。

ドアが開いていたので覗いてみるとリフォームをしている模様。9amを過ぎてその音は一層大きくなります。

こりゃ早くチェックアウトした方がよさそう。

荷物をクルマに運んでいると、隣の部屋を直している人が話しかけてきます。さすがハワイ。

東京からバケーションで来ていることを伝えると、「日本人は偉い。ハワイを作ってくれた。感謝している。だけどアメリカ人はだめだ。信じちゃダメ。」なんてことを言ってくる。その人はハワイ生まれとのこと。顔はアジア系に見えました。何か複雑なものを感じました。

 

借りていた今度からクルマで10分弱離れた事務所にカギを返し、そのままワイキキへ。

Check Inまで1時間以上余裕があるので、カハラのWhole Foods Marketに寄ることに。

 

カーナビは、iPhoneGoogle Mapを使っています。

普段東京でも自分のクルマのカーナビが信頼できないときに使うことがあるので慣れているつもりですが、慣れない外国の地で使うと曲がるタイミングが少しずれる。何度か道を間違えながらのドライブになります。

 

ワイキキの宿は今回初めてAirbnbを使って借りました。

部屋の写真がとても気に入りました。インテリアがおしゃれで、そして明るく景色がいい。とても楽しみにしていました。

Check Inの時間1pmの少し前に建物の前に到着し、コンタクトしていたTさんにメールをするとすぐに迎えに来てくれました。

大きな黒いワンちゃんも一緒です。犬がいることは知っていましたので、特に驚きはありませんでした。

クルマを指定のパーキングロットに停め、部屋まで案内してもらいました。

そこで何となく思っていたことが確信になりました。

今回ワイキキで借りた部屋は、Share Houseであること。

オーナーから管理を任されているTさんが別の部屋にいて、僕らはキッチンやリビング、ラナイなどを共用で使う仕組みです。

もちろん初めてのことでしたが、僕としては部屋が期待通りに明るくてきれいで景色がよく全く問題ないのですが、妻は少し驚いた様子。でも、どういうことも面白がる性格なので問題ないことは分かる。

 

荷物を片付けながら部屋を確認していると、1:30pmTさんは仕事に出ていきました。

部屋には黒い大きいワンちゃんと白い小さめのワンちゃんが残りました。

ワンちゃんは二匹ともよくしつけられていて静かです。

犬と一緒に生活することがないのでこれもまた楽しい。

 

部屋が気持ちいいので少し昼寝をすることに。zzzzzz

 

さすがにこれで一日が終わったらもったいない、ということで、外に出ることに。

 

前回行けなかったバナンでLocal Onlyというアイスを食べながらワイキキビーチを散歩。

アイスの味は僕の好みとは少し違っていました。

ワイキキは、結構賑わっていました。

 

その後JCBカード提示で2名まで無料で利用できるワイキキトローリー ピンクラインでアラモアナセンターまで。

今日も特に買い物もせずブラブラ。

 

夕食は宿でWhole Foods Marketで買ってきたKorean味のお肉とビールとワインをいただきました。

#091 2018/04/15 Sun タートルベイの天気は荒れ模様

昨夜も天気は荒れ模様。風も雨も強く、その上雷もなっていました。

それでも前日よりは眠れた気がします。

起床も8:45と僕にしては超寝坊。

 

昨夜の大荒れの天気で、そして朝になっても曇り空で風が強い。

妻が楽しみにしていたシュノーケリングはノースではしないことに。

そこで、コンドの敷地内にあるプールに行くことに。気温はそこそこ高めです。

管理事務所で「プールのカギ」と言われたものを持ってプールに行くと、すでに子供たちが数人と、その親たち、老夫婦がプールサイドのデッキでくつろいでいます。

カギを使ってゲートを開けようとすると、カギが使えません。あれ???

困った、と思っていると、中から子供が開けてくれます。ありがとね!

 

妻はプールで解き放たれた様に子供たちに交じって泳ぎまくっています。

僕はデッキチェアでのんびり。

子供たち4人の様子が面白くて見入ってしまいます。

そんなまったりした午前中を過ごしました。

 

午後はPalmerコースをラウンドします。

天気は不安定でもゴルフはできる。

こちらのコースは通常160ドルをGolf Nowのサイトで120ドルで予約。ライダーの30ドルはFazioコースと同じ。

この日は、メルボルンから来ているマイケルと2Bでのラウンドとなりました。

メルボルン」と聞いて、去年の6月にメルボルンに行ったことを告げると一気に打ち解けることができました。

マイケルは、日系企業に勤めていて、今は4週間のバケーションでアメリカの東海岸とハワイを旅行している。家族で来ていて、13歳と11歳のお嬢さんがいる。Kingstone Heathでハンディ4。去年のW杯で松山と石川を見たこと。などなどなど。

レンタルクラブのせいもあり、思うようにプレイできていませんでしたが、ハンディ4のショットは素晴らしかったです。

この日も詰まりながら4時間半のラウンドになってしまいました。

 

この日の夕飯は、コンドでステーキを焼き、前日持ち帰ったサーモンをいただきました。

#090 2018/04/14 Sat North Shore初日

夜中の雨が気になる。時差からか眠れない。

 

コナに泊っている時はよくあったことですが、夜中に雨が降って、朝起きると晴れている。

North Shoreと呼ばれる場所では初めての宿泊なので、どんな気候なのか全く分かりません。

天気予報のサイトを見てみると、この一週間ずうと曇りベースで雨が時折降るみたい。

初めての場所で、それも頑丈な立て付けとは思えないコンドで結構な雨が夜中に降ると結構心配になります。

日中中途半端な仮眠をとったせいかもしれませんが、あまり眠れません。

夜中の2時に目が覚め、別途でスマホを触りながら今回の旅のための下調べをしました。

そうこうしていて、知らず知らずに寝たのが朝4時過ぎ。

 

6:30に目覚め、そこからTurtle Bay Hotelのあるビーチへ散歩しました。

昨夜の雨は上がっていましたが、くもりベースの天気。

波はずいぶんと高く、僕がこれまでの人生で見たことがないくらい。

さすが、サーフィンのメッカ、と言われる場所だけあります。

その後、部屋にいったん戻り、朝食を食べに出かけました。

まずは、Turtle Bay Resortからクルマで西へ数分走ったところの道端にあるKahuku Land Farms Standと言われるフルーツ スタンドへ。

ネットの情報を見ると評判が良かったので期待して行ったら、3店舗ほど。ローカルの人たちがこじんまり出していました。

値段も決して安くはなく、ちょっと期待外れ。

でも、おなかが空いていたので、フライドバナナ1ドルを買って妻と食べました。美味しかったです。

その後、クルマを西にさらに走らせ数分。Ted’s Bakeryへ。ここは人気店で店の外まで列ができていました。

Ted’s Pieというスイーツが有名のようですが、プレートなどの食事もおいしいとのこと。

列に並んで何にしようか迷っていたらあっという間にレジの順番が来ました。

迷ったら一番上のメニュー。Bacon and Eggに。僕らは付け合わせをライスと思っていたのですが、レジの女性がサンドイッチだね?というので流れでYesと。

出てきたものは見た目もシンプルで特に期待しませんでしたが、一口食べたら美味い!そっかここはパンが有名なお店だった。

これだったら明日以降の食事用にパンも入手したいとお思いましたが時すでに遅しで、長蛇の列ができてしまったので、また別の機会にすることに。

 

その後昨日とは別のFoodlandへ。さらに西へクルマで数分。

海外旅行をすると地元のスーパーに行くのが楽しみです。毎日のようにスーパーに行く。こちらのFoodlandにはアルコールが置いてました。

 

午後は、Turtle Bay Golf Course Fazio Courseをラウンド。Golf Nowというサイトで通常午後のラウンド120ドルのところを85ドルで予約できました。妻はライダーで30ドル。少し高め。

借りているコンドからキャディーバッグを担いで徒歩5分でクラブハウスに到着。なかなかできない経験。

天気は相変わらず曇りから小雨。風はずうっと強い、という感じでのラウンドでした。

詰まりながらのラウンドでしたが、4時間ほどで18Hを終えることができました。

 

夕飯は、ネットで評判が良かったクラブハウスに隣接しているLei Lei’sというレストランで食べることに。

ラウンド後に「何時までやっているの?」と聞くと、「今日は混んでいるから予約してから来た方がいいよ」との回答。

コンドに帰ってからシャワーを浴びて、レストランに電話すると8:30からならOKとのこと。

コンドでまったりした後に遅めの食事。

僕はリブロース、妻はサーモンとカニの詰め物。どちらもおいしかったです。

もちろんレストランへの往復も徒歩。アルコールを飲んでも安心して帰れます。

 

#089 2018/04/13 オアフ島へ出発

フライトは、成田から1855発のユナイテッド機。コードシェア便ANAから振替になりました。

コードシェア便に振り替えられた場合には、振替先のチェックイン カウンターへ行く必要があります。

幸いにも成田空港では、第一ターミナルで、ANAとユナイテッドは隣り合わせになっています。

 

自宅→タクシー→エアポートリムジン

 

今回は、妻は仕事先から成田空港に直行します。

なので僕がいつもの大き目のスーツケースと、ゴルフバッグをひとりで運ぶ必要があります。

検討した結果、タクシーで新宿駅西口まで行って、その後エアポートリムジンで行くのが、二つの大きな荷物を一人で運ぶのにはベストに感じました。(クルマで成田まで行く、という手もありますが、クルマがまだ新しいので長期間預けるのは心配。)

少しでも歩く距離を短くしたかったので、タクシーの配車サービスを始めて使ってみました。

念には念を押して、事前に予約をしようと思ったけど、時間指定には900円ほど手数料が取られます。900円ほどの距離に同額の手数料はもったいない。タクシー配車サービスのアプリを起動すると、対象のタクシーが近所をたくさん走っていることが分かりました。これだったら当日でも問題ないはず、と時間指定予約はやめました。

当日、相当時間の余裕をもって行動開始しました。

そこで、iPhoneからタクシー配車アプリで呼んでみると、なんと7分後に到着するとのこと。その上タクシーがいまどこにいるかもわかります。便利。ただし、配車サービス手数料で450円ほどかかるのは、タクシーがすぐに捕まる場所に住んでいる人には高く感じます。

 

順調に成田空港第一ターミナルに到着し、2時間以上も早かったけどチェックインをして荷物を預けることに。

ユナイテッドのカウンターでチェックインしようとすると、「オーバーサイズの荷物を持っているので」という理由でANA側のマシンを案内される。

そこで立っている男性に「ANAマイレージだけどユナイテッド便でのフライト」と伝えたにもかかわらず、ANAを選べと言われる。その後、画面の指示に従って予約番号やパスポートをスキャンさせても「あなたの予約はありません」と出てくる。あれ?日にち間違ったのか?

もう一度その男性に聞くと「ユナイテッドで進めるように」と。おいおい、間違ったことを教えたのか?最初からこの男性は事務的で気もそぞろだったから怪しかったんだよね。少しブチ切れてしまいました。

いずれにしろユナイテッドで進めることですんなり発券できました。

その後荷物を預け、ゴルフバッグはオーバーサイズなので、別の場所にいくように、とのこと。成田でもそんな手順になったのか。

空港は、行くたびに細かいことがいろいろと変わっているので、今はそれに慣れましたが、最初の頃は、前回と違うことがあると心配になっていました。

 

出発までは2時間以上あるし、少しおなかが空いたのでラーメンを食べました。

第一ターミナルのフードコートは、発着する飛行機を見ながら食事ができるのでなかなか良いです。

その後ショップをぶらぶらして、出発の1時間半前に妻も無事に成田空港に到着しました。

 

いざ、出発!

 

もともとはANA便だったのに、ユナイテッドに変わる、ということは、乗客が少ないのだろうと想像はできましたが、搭乗してみると席は半分くらい空いています。

僕らも三人席を二人で使うことができました。

日本の天候も荒れ気味だったせいか、飛んで最初のドリンクが出るまでの間が結構揺れました。

飛行機に乗った時の楽しみはビールとワイン。ある意味、その後寝るためのルーチンの一つ。

機内誌を見ると、「Continental America from Asia」はビールがタダという表記があります。ハワイ便はもしかして有料なのか?だったら飲むのを我慢しよう、と思っていたのですが、無事?ビールとワインを無料でいただくことができました。

さぁ、これで眠れる!

アメリカの航空会社では映画はラインナップがどうかな?と思ったのですが、なかなか充実したラインナップで、見たかったRemember MeShape of Water、ウィンストン チャーチルがありました。睡眠をとることを優先したかったのでRemember Meだけを見ることに。

 

フライトも順調に進み、ホノルル現地時間の6:30AMに到着。その後入国審査へ。

早朝だったためか入国審査の場所も混んでいません。今回は初めてマシンでの事前審査を行い、その後対人の審査、という手順。マシンでは、ESTAに入力したことと同じようなことを再度聞かれます。そして、指紋と写真を撮って、一連の手続きをしたことを示すチケットが発券されます。そのチケットとパスポートと税関申告書を持って、対人の審査へ。

ここで今回初めてだったことが、入国審査で税関申告書を抜かれたこと。

僕ら以外の人たちは、いつもの税関申告の場所で申告書を渡していたし、僕が「ないよ」と言ったら何も言われなかったので、特別なことでもなさそう。よくわからない。

 

いつものダラーレンタカーを借りて朝食へ

 

ダラーレンタカーへはいつものように専用のバスに乗ってオフィスに移動します。

チェックインでは、年配の女性の日本人。英語も日本語もネイティブな感じ。ハワイでの生活が長いのでしょう。

対物の保証と、ガソリンを買うオプションを付けて、NISSAN VERSAを借りました。

レンタカーで日本車を借りられるととてもうれしくなります。日本車の燃費と安心感は格別です。

 

朝食はASAHI GRILL

 

僕は飛行機の中ではほとんど食べなかったのでいい感じでおなかが空いています。

カーナビにスマホGoogle Mapを使いますが、慣れるまでは、右折左折のタイミングがつかめません。何度か道を間違えながらASAHI Grillに到着。残念ながら駐車場が満車です。が、5分くらい待っていると一気に場所が空きました。ラッキー。

席について、オックステイルスープ レギュラーサイズとチャーハン Small Sizeを注文。

オックステイルスープには2カップのライスが付きますので、それだけでずいぶんとおなか一杯になります。

今回は頑張って妻とすべて平らげました。美味かった!

 

宿泊先タートルベイリゾートのチェックインは3pm

 

それまでの時間をワイキキ近辺で過ごすことに。

食事のあとはドン・キホーテへ。ダイエーからドン・キホーテに変わったことは知っていますが、ダイエーの時も、ドン・キホーテになってからも来たことはありませんでした。

ドン・キホーテに入ってみるとそこは完全に日本。店のサイズ感はアメリカのスーパーですが、中にあるものは日本のものばかり。

生鮮食品は宿の近くで買うことにして、ここでは水やビールなど安くて長時間車の中に置いておいても大丈夫なものだけを調達。

 

その後アラモアナショッピングセンターへ移動することにしましたが、どうしても眠気が襲ってきます。

実は今回のフライトではあまり寝つきが良くなかったんです。

そこで、アラモアナショッピングセンターの駐車場で2時間ほど仮眠をすることに。

屋根のある場所に車を停めましたが、さすがにハワイは暑い。エアコンをつけたり、止めたり。あっという間に2時間ほどが経ちました。

その後、いつもの Roger Dunn Golf Shopでいくつか気になっているものをチェックして、その後アラモアナセンターにできたTARGETに寄り、Barns & Nobleのスタバに寄って、グランデアイスラテを購入。

 

さぁ、チェックイン!

 

最初の3日間の宿はVRBOで予約したTurtle Bay Resortコンドミニアム。管理会社がKahukuにあるので、そこでカギをピックアップするようにとのこと。その上、細かく何時から何時までならどうしろ、などという指示があります。ちょっと面倒くさい。

一番早い時間の3-4pmのチェックインを希望したので、直接事務所に行くことに。

アラモアナからクルマで1時間強でKahukuの事務所に着きました。

事務所のドアを開け、チェックインしたい、ということを言うと、「直接部屋に行っても良いってメールしたけど」と係の女性が言います。そんなに頻繁にメールをチェックしているわけでもないし、宿まで遠回りしたわけでもないのでまぁ良いのですが。

そこで具体的な場所と、駐車場のゲートの入り方、カギの説明などなどを聞くことができたので、分かりやすかったです。

カギを受け取った後、今晩の食料をFoodlandに買いに少し来た道を戻りました。

Foodland Laieというその店では、お肉、野菜、乳製品、ポキを購入し、さて大事なビールを買おうと思ったのですが、なんとそこにはアルコールが置いていない。後からネットで調べると、この店は、健康推進団体が持っている土地に出店しているために置いていないらしいことが書いていました。

ビールは近所にあるローカルのお店で入手できたので難を逃れました。

 

そんなこんなで5pm前にコンドミニアムに到着し、シャワーを浴び、そして初日の夕食となります。

写真で見てはいましたが、明るくきれいな部屋で、そしてゴルフ場に面している!

風の通りが気持ちいい想像以上に良い部屋でした。