読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#036 初めての奄美大島へ 1日目

2015/11/18-21 3泊4日で初めて奄美大島へ行ってまいりました。

期限切れ近くのマイレージを使って妻と二人分の往復航空券をゲットするためには候補地は絞られました。

それは、奄美大島か出雲か。

妻に選ばせたところ「奄美大島がいい」ということで今回は奄美大島へ行くことになりました。

僕が候補地に奄美大島を入れた理由は、以下のような事柄です。

  •  友人の出身地で奄美料理の居酒屋さんで現地の食事が好きだったこと。
  • 奄美名産の黒糖焼酎が好きなこと。
  • 暖かい場所に行きたかったこと。
  • ゴルフコースがあること。

1日目 2015/11/18 Wed

駐車場

今回はキャディバッグを手持ちすることにしたのでクルマで羽田空港まで移動することにしました。

駐車場は、空港隣接のものを利用しました。というのも、値段を調べたら民間と空港の駐車場と1千円ほどしか違わず、往復で空港リムジンを使用することや、最寄りのバス乗り場までタクシーを使うことを考えると、空港の駐車場利用が割安だったためです。最初に空き状態を調べた時(2週間ほど前)には帰宅する土曜日が満杯になっていましたが、数日後には空きが出て無事予約できました。早めに予約することと、もし満杯となっていても、定期的にチェックをすれば空きが出る、ということがわかりました。

# 実は、予約手数料的な千円がプラスされることに、出庫の際に気づきました。。。でも、まぁ、楽チンなことには変わりない。。。

 

行きは2.5時間のフライト。

奄美空港は小さい空港で、でもJAL便はゲートに接続されますので、外を歩くことはありませんでした。

f:id:DreaminBoy:20151125100956j:image

レンタカーは、安価で有名なニコニコレンタカー。到着の電話をすると、すでに空港のパーキングで待機してくださっていました。空港は大きくないので、レンタカーオフィスまでも車で5分ほど。配車されたものはトヨタ イスト。ボディは細かい傷だらけです。車も古そう。まぁ、そういうのがなんとなくこの素朴な奄美には合っている気がしました。リモートからキーでロックを開けられないのは不便でしたが。レンタカーオフィスの方の話では、島では老人が運転することが多く、とてもゆっくりなので、追い越しをするときには気を付けるように、とのアドバイスがありました。そのアドバイスがあったからではありませんが、滞在中追い越しをしたのはバイクだけでした。

 

3pm過ぎ。ホテルチェックインの前に空港から10分ほど北へ走った「あやまる岬」へ。

f:id:DreaminBoy:20151125100856j:image

期待通りのきれいな海と景色でした。この後の旅行への期待感が高まります。

その後、南下してホテルを通り過ぎてスーパーで買い物をすることに。

あやまる岬から30分ほどで大きな幟が目立つBigⅡが見えました。本当はその先にあるタイヨーを予定していたのですが、このBigⅡに立ち寄ることに。結局このBigⅡが僕らの奄美滞在では最も行った場所となりました。

BigⅡでビールと酎ハイとつまみを調達して、ホテルへ。

 f:id:DreaminBoy:20151125101019j:image

ホテルは「ばしゃ山村」。ここは友人に勧めてもらった場所で、何の疑問も持たずにここに決めました。

ここはホテルだけでなく、目の前がプライベートビーチのようなロケーション、プールがあり、レストランも併設されていて、ちょっとしたリゾート施設のような様相です。

部屋が狭めで、網戸がないため窓を開けることができなく、一部の部屋以外は隣の建物が近かったり、道路が近かったりして、正直言いますと部屋自体はあまり快適ではなかったです。

それ以上にプラスの要素が多くありました。

  • 空港からクルマで20分。
  • 砂浜と海がきれい。
  • 大浴場がある。
  • レストランの食事もおいしい。

チェックインの後、大浴場で汗を流し、部屋で乾杯していると、外が赤い。きれいな夕焼けが出ていました。

夕飯までの時間、砂浜を散歩することにしました。

とても気持ちのいい時間。これまでハワイには何度も行っていますし、それ以外でも浜辺を歩くことはたくさんありましたが、ここの特徴はゴミが落ちていなくて、小さな貝殻やサンゴ礁の欠片がたくさん打ち上げられていました。とてもきれいです。

f:id:DreaminBoy:20151125101036j:imagef:id:DreaminBoy:20151125101044j:image

夕暮れが近づいて、道路側に見える灯りに近づくとそこには古い木造の建物の中にセレクトショップのようなおしゃれなお店がありました。

中を覗かせてもらいながら、情報集めをしました。食事処などなど。そうすると、そのお店の下はカフェで、予約すれば夜も食事ができるとのこと。とても感じのいい若い女性が「とても美味しいですよ」と勧めてくれました。

店を出た後、ずいぶんと薄暗くなっている中歩いていると、ホテルよりの場所にもう一軒カフェがあります。そこは陶芸も行われています。

店の外に若い男性が出ていて、僕らに話しかけてくれました。「お食事ですか?」と。

とても雰囲気のいい若者でしたので、そこでもしばし情報集めと雑談を。別れ際に「灯りはもっていますか?夜になるとハブがでるので気を付けてくださいね。」と。

奄美大島に来れば、ハブがいる可能性があるのは知っていましたが、まさか普通の生活空間に出てくるなんて。。。それは想像を超えていました。

その場所からホテルまで50mほどしかありませんが、その移動の数分は生きた心地がしませんでした。

そして何とかホテルに着いた時には食事の時間に。

レストランに入ると僕らのための席と、メッセージが書かれた大きな葉っぱが置かれていました。そして奄美式の酒の席の儀式もしていただき、おいしい食事と気持ちの良いホールの人たちとで、とてもいい時間を過ごさせていただきました。

f:id:DreaminBoy:20151125101100j:imagef:id:DreaminBoy:20151125101110j:imagef:id:DreaminBoy:20151125101007j:image