読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#019 10日目(ダブリン) 2015/6/21日 Guinness Storehouseへ行く日 (The K Club)

今朝は二度寝してしまいました。この旅初めて。

夜中目が覚めて、Blogの写真をアップしたこともあるのですが、気が緩んできたんでしょうね。良いことでも悪いことでもあります。

ということで、今朝はちょっと急いで準備して出発。今日の目的地はホテルから30分ほどのThe K Clubです。

すべて順調予定通りスタート1時間前に到着しました。
こちらでは1時間前に着く必要はないのですが、道と運転に不慣れなのと、早く着くと早くスタートさせてもらえることがあるので、早めに到着するようにしています。

この日の朝は小雨が時折強くなるような天候でした。
さすがに雨のラウンドを覚悟した朝でした。

ここは高級別荘地か??

iPhoneGoogle Mapの到着地までの距離が少なくにしたがって街の様子が一気に変わりました。
お城のような家とその街並み。これまでいろいろと走りましたが一番の高級感でした。
このコースは2006年のライダーカップの会場になった場所です。2006年と言えば、僕がゴルフを始めて間もないころで全く記憶にありません。

コースに到着したらほとんどお客さんはいません。
なんか早くスタートさせてもらえそうです。今日もひとりでのラウンドです。
ひとりのラウンドで困ることはボール探しです。すべてフェアウェイに行けばいいのですが、ここのところショットが曲がり続けます。そしてこちらのコースは基本的にラフが長いので、真上でなければ見えないことが多くあります。

結局予定より30分早く7.50amに出られました。僕の前には親子でラウンドしています。男の子は小学生高学年くらいでしょうか。親子で上手い。将来のマキロイ、ルークな感じです。
ここのコースはヤーデージブックがなく、コースレイアウトはスコアカードの裏と、ホールごとにある絵で確認します。パーマー設計なので、池やバンカーがとても絡むのに。。。
この日のボギーおじさんとの勝負は2-1で負けてしまいました。敗因はパット。1m前後が本当に入らなかった。最後5ホールほどすべて1m前後を外してパーを取れず、17番で痛恨の3パットダボで敗戦です。
後半のハーフはまさに一人ライダーカップで結構気合が入りました。ショットが微妙に良くなく、でもアプローチがほぼ1m前後には寄るなかなか緊張感のあるラウンド。楽しかったなぁ。
とてもスムーズに3時間強でホールアウト。

プロショップの品ぞろえはとても豊富です。
クラブハウス内もライダーカップの時の写真が多く飾られています。

f:id:DreaminBoy:20150622133402j:imagef:id:DreaminBoy:20150622133432j:image

f:id:DreaminBoy:20150622133550j:imagef:id:DreaminBoy:20150622133653j:image

f:id:DreaminBoy:20150622133834j:imagef:id:DreaminBoy:20150622134004j:image

f:id:DreaminBoy:20150622134118j:imagef:id:DreaminBoy:20150622134219j:image

f:id:DreaminBoy:20150622134241j:imagef:id:DreaminBoy:20150622134307j:image

コースの印象

ここもPark Landスタイルのコースです。
そしてパーマーらしくとても池とバンカーが利いています。周りの木や花、リゾートの建物との組み合わせもとてもよく非常にきれいなコースです。
これは自分だけしか感じないことでしょうが、札幌ゴルフ倶楽部 由仁コースに池を増やして、花を増やして、ヨーロッパ調の建物をたてたイメージです。笑
つまり僕はとても好きな感じのコース、ということでご理解いただければと思います。(^-^;
コースメンテナンスもとてもよく、グリーンの状態も素晴らしかったです。
ホール間の移動も分かりやすかった。
こちらのコースはホール間が比較的近い (日本のように遠くない) ので歩きのラウンドも辛くないですね。

ホテルへの帰還とそれに伴う雑記

予定より早くラウンドを終えたのでゆっくりプロショップを見ることができます。
また、この時間が楽しみ。
ライダーカップのセーターが欲しかったのですが、ここでもガマン。最後の3コースでいろいろと買いたいので。
ここまで来るとラヒンチで買い物ができなかったことが悔やまれます。笑
結局はいつもの通り3ユーロほどのマーカーと、16番ホールのレイアウトを模したパターカバー。これ10ユーロくらいで安かった~~~。

ラウンド後、先輩との待ち合わせまで時間的余裕があるので、有料道路を通らず、ホテルまで。
Google Mapのオプションにはそんな機能もあります。よくできている。
それと、ダブリンの環状道路のM50には、一部カメラを駆使して、クルマのナンバーと車種、色、通過時間を識別して課金するシステムがあります。ETC的なものを登録していれば問題ないのですが、そうじゃない場合には、ネットで支払うか、支払うために所定の場所に行く必要があるようです。翌日の所定の時間までに支払わないと罰金のようです。
僕はたまたまこのシステムを事前のダブリンの道路情報を確認した時に見つけていてラッキーでした。

f:id:DreaminBoy:20150622140414j:plain

途中ホテルの近くのガソリンスタンドでディーゼルを満タンにして、併設のSPARで水を2リットル、お昼用のパンを1個購入。

ホテルの前のショッピング センターにあるゴルフショップで、最後の4ラウンド用にボールを1ダース補給。これで間に合ってくれ。。。(^-^;
そうそう、事前に読んだ本にも書いてあったのですが、リンクスでのゴルフは余計なスピンがかからない2ピースのボールがいいのです。
というのは、グリーンは固いし、僕のヘッドスピードじゃそもそもスピンなんかかかっても全く意味ありません。

前も書いたように思いますが、リンクスのゴルフなんてフェアウェイもグリーンもアンジュレーションが強すぎるし、ラフも基本密集しているのですべて運。その上風の影響もあるのですから、コースや自然に文句言うなんてナンセンスです。
だからゴルフの起源はスコアではなくマッチプレイだったのだな、と思いました。。。すみません、ど素人が分かったかのようなコメントです。

でもその方がゴルフは楽しいような気がします。
勝つか負けるかの勝負。

本日のメインイベント、いざGuiness Storehouseへ!

部屋に戻って、30分ごとに空港にでるシャトルバスの時間を見ながら、洗濯。
そして1:15pmのバスに乗って空港へ。空港からはAirLinkでダブリン 中心地に向かいます。今日の待ち合わせ場所はヒューストン駅。
バスは今日も揺れまくります。2階建てバスがこんなに揺れて怖いものとは。。。笑
ダブリンでは至る所にフリーのWi-Fiがあります。このバスにもあります。
この旅ではフリーのWi-Fiを気にしてみましたが、こちらでは結構あります。そしてホテルのそれよりも全然快適だったります。Guinness StorehouseにもフリーWi-Fiがありました。

f:id:DreaminBoy:20150622134533j:imagef:id:DreaminBoy:20150622134555j:image

ヒューストン駅から徒歩10分弱でしょうか。
いよいよある意味この旅のゴルフ以外のメインイベント、Guiness Storehouseに到着です。
入場チケットはネットで購入すると早くて割引があります。そうじゃないと結構な列に並ぶことになります。
これまでここに相当来ている先輩の案内で見学できます。まさにプライベート解説付き。
以前はここに日本語の案内もあったようですが、それは今では中国語に変わったそうです。確かに日本人の数人見かけましたが、それ以上に中国人の団体が多かったです。
展示も急ぎ足で、試飲コーナーを経て、Guinness Academyへ。ここでは注ぎ方を教えてくれて、自分で注いだのを飲むことができます。そして最後に記念撮影。15人前後/グループで講習を受ける感じです。
自分で淹れた工場直送のギネスは美味い!!!
その後最上階の展望台でギネスの街を眺望します。ダブリンは高い建物がないので、7-8階ほどの場所からでも周囲がよく見渡せます。
帰り際Store Shopでお土産を購入して、いぜ街中のパブへ。

f:id:DreaminBoy:20150622134623j:imagef:id:DreaminBoy:20150622134649j:image

f:id:DreaminBoy:20150622134733j:imagef:id:DreaminBoy:20150622134748j:image

f:id:DreaminBoy:20150622134843j:imagef:id:DreaminBoy:20150622134858j:image

f:id:DreaminBoy:20150622134956j:imagef:id:DreaminBoy:20150622135051j:image

f:id:DreaminBoy:20150622135249j:imagef:id:DreaminBoy:20150622135159j:image

1軒めはNANCY HANDS。有名店とのこと。中に入ると何かのスポーツ中継に釘付けのお客さんでにぎわっています。
その中継をよく見ると、見たことのないスポーツでした。。。ハーリング
Deerparkで一緒にラウンドしたPaulがやっていたスポーツの一つ。
テレビを見た瞬間釘付けになりました。

  • 何よりも激しい!
  • スティックを持ちながらぶつかっている。
  • ボールは掴んで、走って、投げたり、スティックで打っている。相当本気で弾いている。
  • それがうまくつなぐ。ボールをスティックをうまく使ってキャッチしたり、それを直接打ったり、バウンドさせて打ったりしている。
  • グラウンドはラグビー場のような大きさとポールがある。選手の体格はラグビー選手のよう。
  • スタジアム数万人入りそうな場所が超満員。

いやぁ、すごいスポーツを見てしまいました。この歳になって全く知らない世界に一目で惹かれるとは思いませんでした。
アイルランドのスポーツは独自の進化、いやレガシーを引き継ぎ続けていることに感動しました。
このお店ではギネスをいただきました。本日2パイントめ。

f:id:DreaminBoy:20150622135133j:imagef:id:DreaminBoy:20150622135311j:image

f:id:DreaminBoy:20150622135329j:imagef:id:DreaminBoy:20150622135349j:image

2軒めは食事がしたかったので同じ並びにあるRYAN'S & F.X.BUCKLEYへ。
2階が食事ができるようになっていて、すでに何組かのお客さんがいます。
ここでステーキとサラダをいただきました。O'Hara's IPAとともに。
このお店のホールの責任者と思える人が、どこから来たのか?と聞かれてTokyo Japanと答えるとなんと「召し上がれ」と。アイルランドでは日本のことを知っている人は本当に少ない。
何で日本語ができるのか?と聞くと奥さんが日本人とのこと。びっくり。
このお店のテーブルにあった調味料がガーリックをベースとしていてとてもおいしかった。サラダにかけても、ステーキにかけてもおいしかったです。

f:id:DreaminBoy:20150622135417j:imagef:id:DreaminBoy:20150622135433j:image

f:id:DreaminBoy:20150622135457j:imagef:id:DreaminBoy:20150622135512j:image

この日はここまでで、3軒めにいく先輩と別れて、ホテルへ戻りました。
帰りにバスを2台乗り継ぐので、4パイントはちょっと危ない。

ホテルに戻って8pmまだまだ陽は高いです。。。眠れずにサイダーを一人飲みしました。