読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#018 9日目(ダブリン) 2015/6/20土 コークからダブリンへの移動。まったり過ごした一日 (County Louth Golf Club)

アイルランドでのドライブ ミュージック

この日は、コークからダブリンへの2.5時間のドライブの日です。
朝から晴天で、ベッドから見えるコークの家々の様子がいい雰囲気で気持ちが良いです。鳥の鳴き声もします。
8amに先輩のホテルへピックアップ。先輩を乗せてコークの街を後にします。
ダブリンに次ぐアイルランド第二の都市とのことですが、なかなか活気があって楽しめました。
コークからダブリンへはほぼ1本道。高速を120km/hでオートクルーズを使って順調に走行していきます。今のマニュアル車のクルーズの機能はとてもよくできていて感動しました。プジョー 308のがよくできているのか、最近の車はみんな大体このくらいはできるのか。
プジョー 308 マニュアル ディーゼル車は本当にいいクルマですね。日本でも乗りたくなるくらいにいいクルマです。ギヤがスムーズに入らないことはメンテで直ると思うので、ほぼ完ぺきなクルマです。最初にアサインされたときに抵抗してごめんなさい。

この日は本当に天気がよく、空が広く、とても気持ちが良かったです。
運転中は僕のiPhoneの音楽をシャッフルしてかけていて、僕の音楽の世界にどっぷり先輩にも浸かってもらうのですが、口数の少ない先輩からも「いろんな音楽がかかるよね」と笑われてしまいました。(^^♪

シャッフルはどういうメカニズムでかかるのか、アップルのことだから何か仕掛けているのではないか、と思うようなことがあります。
今回アイルランドでよくかかるのは、ビートルズとポール マッカートニー。この日はなぜかユーミンが何曲かかかりました。もう少しクイーンやスティング、ポリス系と、クラシック系がかかればいいのに。
先輩と達郎さんのラジオの話しをしていた時に、ちょうど達郎さんのアコースティック ライブをエアチェックした時の音源がかかりました。この時は見逃さずに、すべての放送をコンプリートで聴くことにしました。
アイルランドで聴く、クリスマスイブは最高でした!(^_-)-☆

そうこうしていると、順調に先輩のホテルに着き、先輩を降ろして、僕は本日のゴルフ場 County Louth Golf Clubまで約1時間のドライブになります。

途中トイレ休憩と、水や簡単な食べ物を補給するために、ちょっと大きめのスーパーに寄ったのですが、やっぱりそこでもトイレはなく、隣接しているIllyのコーヒーを出しているショップを紹介されました。
コーヒーが飲みたかったのでちょうどよかったのですが、やっぱり飲食店系じゃないとだめかな??

コースの近くの街、ドローエダ Drougheda が土曜日ということもあってかにぎわっていました。そこそこ大きい街なのでしょうか。

 f:id:DreaminBoy:20150621141420j:imagef:id:DreaminBoy:20150621141440j:image

f:id:DreaminBoy:20150621141532j:image

County Louth Golf Club

ティータイムは3.40pmでしたが、早く着いたら出してもらえるかな、と思い12pm過ぎにチェックイン。ここはプロ ショップとは別にチェックインです。
週末ということもあり、ビジターに開けている時間は限られていて、早められたとしても2.40とのこと。まぁ、しょうがないですよね。
ゆっくりプロショップを見て、レンジで練習することにしました。
繰り返しになりますが、天気が良かったのでまったりと時間を過ごすのもアリな感じでした。
プロショップではラムウールのセーターが70ユーロでいくつかあり、試着させてもらったり、ショップのおじちゃんが親切にいろいろと教えてくれたりしましたが、結局買いませんでした。日本で着ているものよりちょっとだけ厚手なので、最近の僕の冬ゴルフでは着ないかもなぁ、と思ったのでした。
それよりも最後の3コースで散在しそうだったので、ここは我慢です。
マーカーだけ買いました。こちらのマーカーは安い!

レンジに出たら、アイアンだけよ、とのこと。
不安なドライバーを練習したかったのですが、まぁしょうがない。
それよりもアプローチ練習場が広い!!これであとの2時間をゆっくり過ごせます。
途中一緒になる人がみんな声をかけてくれます。
アイルランドのこの人の良さ、雰囲気がすきです。

自分のティータイムの30分くらい前のティ イン グラウンドを見ると、赤と白の帽子をかぶってまさにチーム戦をしている人たちが集まっていました。
かっこいいですね。
僕はその直後一人でスタートのようです。4組ほど4Bで試合をしている人たちの後ろとなるとラウンド時間は覚悟しました。
。。。そしたら、3ホール目から彼らがどんどん抜かさせてくれました。その前の4組も抜かさせてくれたので、計6組を抜かして、3時間半でラウンドできました。
ありがたい。このコースのみなさんに感謝です。

その後、一人で周った時だけ、Mr. ボギーマンとマッチプレイをしていましたが、この日やっと勝ちました。3-2。スルーさせてもらうホールが多いと、プレイが雑になるところをよく頑張りました!

「天気が良くても必ず雨が降るよ」と先輩に言われていた通り、この日もラウンド中に霧雨が降ることがありました。

 f:id:DreaminBoy:20150621141710j:imagef:id:DreaminBoy:20150621141729j:image

f:id:DreaminBoy:20150621141750j:image

コースの印象

ここのコースは何しろ広い!という印象があります。
丘の存在もそれほど目立たず、どの場所から写真を撮っても同じような絵になります。丘が複雑に構成されている場所もあることはあるのですが、そこはコースとしては利用されていません。
フェアウェイ、グリーンとも硬めではありますが、先に廻ったバリーバニオンやラヒンチほどではありません。
フェアウェイもターフが取れます。
前半は広めで雄大なホール、後半は丘の存在が絡むホールがあります。
いくつかブラインドになるホールもありますので、それがアクセントになります。
あまり海は見えませんが、唯一12番のティーからはきれいなアイリッシュ海が見えました。長い海岸線できれいな砂浜。海水は透き通った青と緑です。
この地方ではこんなに素晴らしい海岸線があっても、気温が上がらないため海遊びをすることはないのだろうなぁ、と思うと、なんとなく切なくなりました。
それくらいにきれいだけど誰もいない砂浜でした。。。実はこのときiPhoneをもってティーまでいかなかったため、写真が撮れなかったんです。。。バッグはずっと先に置いたままにしていて取りに戻れなかった。。。とても後悔。

 f:id:DreaminBoy:20150621141826j:imagef:id:DreaminBoy:20150621141840j:image

f:id:DreaminBoy:20150621141859j:imagef:id:DreaminBoy:20150621141924j:image

f:id:DreaminBoy:20150621142007j:imagef:id:DreaminBoy:20150621142017j:image

今日は一人飯。ホテルの1Fのレストランでまったりと。

今日はホールアウトの時間が遅いことが予想されていたので、先輩がいるダブリンの中心地には行かずに、ホテルで食事をすることにしました。
これまでだったら一人の時はカップラーメンにしていたのですが、一日ほぼ何も食べてないのでいいことにしましょう。

その前に洗濯。手洗いします。今回の旅では薄くてすぐ乾く系のウェアや下着だけにしたのでとてもラクです。特にこのホテルは洗濯物をかけられるヒーターが通ったバーが備えてあります。(本来はタオル類をかける場所ですが。)

さぁ、乾杯です。
頼んだのはまずはギネス。ラウンド後の空腹時に飲むギネスは最高です。
食事はミックス グリル。また肉です。ゴルフの後は肉が食べたい。
付け合わせに温野菜を頼んだら、本当に多くの野菜を食べられました。ちょっと満足。
目玉焼きがついていたので、Soy Sourceがあるか?と尋ねたら、確認してくる、と言われ出てきたのが全く別のモノ。味付けはなんでしょう。
肉をちょっとディップするのには悪くなかったのと、考えて作ってくれたんだろうな、と思うとありがたい気持ちになりました。
2敗目にBulmersのサイダーをいただきながら、そのままレストランのテーブルで夕陽を見てネット環境が快適なホテル内でまたまたまったりとしていました。

そうか、今日のテーマは「まったり」ですね。

f:id:DreaminBoy:20150621142039j:imagef:id:DreaminBoy:20150621142055j:image

f:id:DreaminBoy:20150621142115j:image